福井の新築・リフォームはポプラホーム健家・株式会社マツエイ|一級建築士事務所

|株式会社マツエイ

METHOD
工法・技術

モデルハウス見学・宿泊体験
お問い合わせ

ポプラホームの耐震構造・工法は
『木造軸組+パネル工法(SR工法)』
を標準とし、地震や台風などによる外圧に対して、
より頑丈な構造体をつくりあげています。

軸組+パネル工法(SR工法)の特徴

1

耐震パネルの併用で、より頑丈な構造を実現。

耐震パネルの併用で、より頑丈な構造を実現。

従来の『木造軸組工法』に『耐震パネル』を組み合わせ、より頑丈な構造を実現。

軸材と軸材の間に耐力壁の役割を果たすパネルを組み込むため、強度は一段と増し、地震や台風などによる外圧に対して、より頑丈な構造体をつくりあげることができます。

また木造軸組工法の特徴である設計の自由度の高さを生かしながら、パネルによる壁式工法の長所でもある高い気密性の住まいも実現できます。

2

耐震パネルが外力を分散し、地震や台風に強い構造体に。

耐震パネルが外力を分散し、地震や台風に強い構造体に。

『耐震パネル』は、歪みやねじれに強い構造体で、外力を柱と柱の継目等の一点で受け止めず、面で受け止め、バランス良く分散します。

そのため、地震や台風にも強く、安心で安全な暮らしを保証します。

さらにパネルを貼ることで気密性が大幅に向上。

冬場の冷気や夏の熱気の侵入を抑え、省エネ効果が向上します。また通気層もしっかり確保します。

3

継手金具でさらに強固に。工期が短いメリットも。

継手金具でさらに強固に。工期が短いメリットも。

『木造軸組』に『継手金具』で継ぎ合わせ、更に強固に。

そこに『耐震パネル』を組み合わせることによって、自然災害にさらに強い家を作ります。

また、SR工法は、木材を金具でつなぐため、工期短縮にもつながります。

ポプラホームの住宅は、
一棟一棟、確実な構造計算に基づき設計し
建築基準法で定められた厳しい耐震基準を
クリアしています。

PAGE
TOP